メインイメージ画像

冠婚葬祭はプロに相談


日本では冠婚葬祭の企業があって、種々の相談に応じます。結婚する場合は、結納から新婚旅行まで、葬儀であれば、通夜から一周忌までいろんな相談に乗ります。そして、多方面から意見を受けることができ、自分では調べられないことも、プロがサポートがあります。わが国では多くしきたりなどが、ある為過ちがないように相談もおすすめです。冠婚葬祭の会社のWEBサイトでも、多々の知識を得るという事も、可能です。

葬儀へ行く際は必ず、香典を持ちましょう。香典とは突然の不幸で負担が増えるご遺族の為に、助け合いの意味と、故人へのお供えという意味が、あるのです。香典というのは金額の目安があり、金額は故人との関係性により、大体決まっています。また、通夜と葬儀の両日に参列する場合には、葬儀に香典を出しましょう。香典の額や、渡す相手など前もってきっちりと調べて、参加するといいでしょう。

一般的に冠婚葬祭の服装は、ほとんど同じです。白が基本の結婚式と逆で、葬式などは黒が基調です。更に、喪服は色々なマナーがあって、基本は黒のワンピースやスーツで、バックや靴は派手でないものを選びます。そして、毛皮のコートは悪いイメージを想像する為避ける必要があります。次に、通夜といえば急に起こるですから、暗めの暗めの服で弔問するものです。どちらも目立たず、上品なものを着る必要がありそうです。